日本物理教育学会北海道支部>活動報告

物理教育研究会

主 催日本物理教育学会北海道支部
テーマ北海道における21世紀の科学者や技術者を育成するために欠かせない新しい理科教育のあり方を検討する。
日 時平成12年12月8日(土)13時00分〜17時30分
場 所北海道大学理学部講堂
プログラム

13:00〜13:05 開会挨拶

日本物理教育学会北海道支部長  小野寺 彰

13:05〜13:40 招待講演

『最近の北大の入試の動向』 北海道大学高等教育機能開発総合センター教授 山岸みどり

13:40〜14:20 原著講演1

1、『楽しい音の実験・・・やかましくてゴメンナサイ』 札幌啓成高校  石川 昌司

2、『ドイツのエムシャーパークに見る技術環境教育の現状』 札幌開成高校  山田 大隆

14:30〜15:30 原著講演2

3、『静電気力で考える物理』 北海道教育大学札幌校  岡崎 隆

4、『教育課程の変遷と理科教育の課題』 札幌清田高校  鶴岡 森昭

5、『理科カリキュラムを考える会 第2回大会に参加して』

北海道大学大学院教育学研究科  大野 栄三

15:40〜17:20 シンポジウム『北海道の物理教育』

〜〜高校が大学に期待すること、大学が高校に望むこと〜〜

. [ Honb ][ Home ][ Index ][ Past ][ Future ]
Copyright © 1999-2018 日本物理教育学会北海道支部 All Rights Reserved.